2017年06月07日

団体の名称を変更します。

出雲市、松江市で
「まぁるい抱っこ&スリングの会」を主催しています。
2005年1月に活動を始め、
当初の団体名は
「はぐ and  はぐ」でした。

その後、諸事情により、名称変更。
「楽ちん抱っこクラブ☆てごの会」
として活動してきました。

当時のメンバーで、考えて考えて、つけた名前でした。

しかし、それから7年近くが経ち、
「ラクチン抱っこ」という言葉が、
少しずつ、しっくり来なくなってきてしまいました。

ラクチン抱っこ、と言ってしまうと、
どうしても抱っこする側の「ラクチン」にフォーカスされがちで
抱かれる側=子どもにとっての安楽
という視点が、抜け落ちてしまう気がして…。

「まぁるい抱っこ」辻直美先生の講座を企画するようになり、
学びが深まるにつれ、
違和感を感じるようになってきました。

ママにとってラクな…だけでなく、
子どもにとってもラクな抱っこ
という意味だよと、注釈つきで、
この名称を使用し続けてきましたが

このたび、主催団体名を
「まぁるい抱っこ☆てごの会」
と改称することにしました。

「まぁるい抱っこ」の辻直美先生にも、快諾していただきました。

これからも、抱っこを通して、コミュニケーションが深められるように
真摯に活動していきたいと思っています。

この機会に、
2010年「、はぐandはぐ」から「てごの会」に変えた時の
「趣意書」を、以下に再掲します。

今も、この時の思いは変わっていません。
「してあげる」等、若干微妙な言い回しが見受けられますが、
当時の文言のまま、掲載しました。

今後とも「てごの会」をよろしくお願いいたします。



てごの会 趣意書

2010年10月

最近、ひんぱんに新聞やテレビを賑わす様々な事件やできごと。
密室育児、子どもへの虐待、ドメスティックバイオレンス(DV)、いじめ、引きこもり、
行方不明の高齢者、孤独死や路上死、貧困、ホームレス、年間3万人を超える自殺者など・・・

これらに共通する問題は
人と人とのつながりが切れていたり、人とのつながり方がわからない。
あるいは、つながり方が間違っている。ということです。

早めに誰かに助けを求めていれば。誰かに相談していれば。
そして、誰かが手を差し伸べていれば、
大きな事件や問題になる前に、解決できていたかもしれないのです。

とかく、自己責任とみなしてしまいがちですが、
実はコミュニケーションの問題であり、人間関係の問題、地域の問題なのです。

育児についても、同様の問題があります。
現代の個人主義、自己責任主義、成果主義の風潮の中で、
初めて接する乳児・・・・思い通りにならない相手とのコミュニケーションにとまどい、
孤立している母親たちがいます。
育児情報はあふれていますが、どの情報を選択し取り入れていくのか・・・・
相談相手がいなければ、母親自身の自己責任として抱え込んでいくしかありません。
そして、そんな悩みを話す相手や場所も、少なくなっています。

「てごの会」は、そんな母親同士の、つながる場所でありたいと思います。
支援の専門家ではなく、ただの母親、ただの主婦ですから、
もしかしたら、相談しても答えは出ないかもしれません。
「あ~~私も同じことで困っているの!困るよねえ~」としか、云えないかもしれません。
でも、キモチを独りで抱え込まず、解放して、誰かに聞いてもらうだけで、
ホッとココロがラクになり、力が抜けて、元気が出てくる。またがんばろうと思えてくる・・・
そういうことって、あると思うんです。

一方で、ただの母親、ただの主婦ではあっても、
一応、子育てを経験し、ある程度の困難をくぐり抜けてきた経験や知恵は、
私たちの中に、必ずあります。
有識者ではない、だめなところもある等身大の母親同士だからこそできる子育て支援がある!
と思います。

完全な親なんていません。
でも、不完全で未熟な親であっても、そんな親たちが集まって、それぞれの個性や知恵を補い合えば、
独りで子育てをしているより、ずっと楽しくハッピーな子育てが出来る!
そんな母親同士の、たすけあいの輪を育てていきたいと思います。

そして、なぜ私たちが「抱っこ」にこだわるのか。
それは、「抱っこ」は、人と人とのつながりの原点だと思うからです。
抱っこを求めた時、こころよく応じてもらえた経験は、
こちらが助けを求めれば、この人は助けてくれるという信頼感につながります。
自分を大切にしてくれる人がいる。自分は大切な存在だ。
そんな根本的な安心感と、信頼感を育て、安心感と信頼感の範囲を広げながら、
子どもは社会へ育っていくのではないでしょうか?

人や、社会に対しての安心感や信頼感をもてない人は、生きていくのがしんどいと思います。
冒頭にあげた現代社会の抱える問題も、
安心や信頼のつながり、人と人の絆が切れていることから起きています。

安心感は、親が子どもにあげられる、最高のプレゼント。
それを具体的に表現するのが、「抱っこ」だと思うのです。

だから、たくさん抱っこしてあげてほしいし、
「抱っこ」と云われた時、できるだけ応えてあげてほしい。
そのためには、ラクな抱っこの仕方を知っているかどうかが、重要になってきます。

私たちは、スリングと出会って、抱っこが本当にラクになりました。
抱っこがラクになることで、育児ストレス全体が劇的に減ることを体験しました。
また、スリングを一緒に練習したりする中で、
いろいろなおしゃべりをしたり、時には愚痴ったりして、お互いに仲良くなり、
ストレスを解消しあいながら、一緒に子育てをしてきました。

一枚の布を、輪にして抱っこするスリングが、たくさんのつながりの輪を作ってくれました。
これからも、スリングを通して、このつながりとたすけあいの輪を広げていきたいと願っています。

以上 



image.jpg

「はぐandはぐ」時代の写真。
懐かしいです。皆さんどうしているでしょうか?

posted by せつ at 18:42| 島根 ☔| 日程のお知らせ | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

隠岐で開催!まぁるい抱っこ

8/5(土)
隠岐にて、なお先生のまぁるい抱っこ講座、
スリングビギナー講座が開催されます!

IMG_5746.JPG
なんと500円ですよ☆
夏の旅行もかねて、行ってみてはいかがでしょうか♡
posted by せつ at 22:06| 島根 ☀| 日程のお知らせ | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年♪

IMG_4868.JPG
昨年も、たくさんの方に
まぁるい抱っこ&スリングの会に参加していただきました。
辻 直美先生の講演会、実践講座も開催できました。
ありがとうございました!

2017年、
1月は活動をお休みさせていただき、
2月から、松江、出雲で再開いたします。

2017年も、楽しくハッピーな子育てができるよう、
島根のお母さんたちを応援していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4780-9c3b3.JPG
posted by せつ at 16:01| 島根 ☀| Comment(0) | 日程のお知らせ | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

まぁるい抱っこ講演会のテキストが届きました♪

11/25(金)松江市、松江テルサ
11/26(土)出雲市、アクティーひかわ

辻 直美先生の素手抱っこ実践講座の
テキストが到着しました!

IMG_4306.JPG
(講座の中では使いません。
帰宅後の復習用です。
復習しやすいよう、
とてもわかりやすく、まとめられています。
先月出版された本よりも、テーマにそって更に掘り下げてあります)

ご希望の方は別途お求めください。
800円です☆

この貴重なテキストをお求めいただけるのは、
素手抱っこ実践講座の受講者さんだけです。

素手抱っこ実践講座は、
キャンセルがあり
松江、出雲とも再び空席ができました。


申し込みメールフォームhttp://my.formman.com/form/pc/8lErmBrNQORYiB1M/

posted by せつ at 07:06| 島根 ☀| Comment(0) | 日程のお知らせ | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

辻 直美先生ってどんな人?

11/25(金)〜27(日)
心を包む♪まぁるい抱っこ
辻 直美講演会&実践講座

申し込みメールフォームhttp://my.formman.com/form/pc/8lErmBrNQORYiB1M/

講師の「辻 直美」先生
島根県では、まだ「知る人ぞ知る」の存在かもしれませんね。
以前、森三中・大島美幸夫妻がおしゃれイズムに出演された時、夫妻の抱っこの先生として登場した人
と言ったらわかるでしょうか?

IMG_1969.JPG
毎日休みなく全国を飛び回り、講演会や講座を開催していますが、
その多くがあっという間に満席となり、予約が取りにくい講師として有名なんです。

また、先生のスリングブランド「アルマ デ アンマ」のスリングは、ネットショップで発売されると1分で売り切れるほどの人気です。

先生の講座内容は、実に多彩。
子育てや心身のケアに関する様々なジャンルに精通し、防災のスペシャリストでもあります。
これらが、統合的に先生の中にあり、リンクし合って深みのある講座となっています。  

個性心理学、仮面心理学を応用し、参加者のタイプに応じて、説明するときの表現を変える、なんて芸当もしてくれるので、より伝わってくる講義となっています。

しかもトークが上手い!

豊富な知識、教え方が上手い、トークが上手い、面白い
すべて揃った講師の先生って、意外と少ないんですよ。
いい話なんだけど、話し方が下手とかね笑

先生の講座では、
言われることすべてに「根拠」があります。
例えば抱っこで、この場所に手を当てるのは何故か、この順序なのは何故か、この手順を飛ばすと何が起きるのか、
先生は必ず、根拠や理由を説明してくれます。

説明されれば、本当にもっとも!と納得するしかなく、
何故、今までわからなかったのだろう…こんなに当たり前のことなのに…と思うのですが、
なのに、自分では気付けないのです。

でも一度知れば、回路が開くのか、
赤ちゃんの気持ちや言葉が徐々にわかるようになり、色んなことに気付けるようになっていく
んです♡

そんなすごいパワーを持つ「なお先生」ですが、
プライベートでは、実は意外に天然な所もあり、お茶目で可愛い人なんですよ笑

そして、飛行機のボディーチェックのゲートでは、なぜか必ず音が鳴って引っかかるという特技?の持ち主!(≧∀≦)
前回来ていただいた時も、お帰りの際やっぱり音が鳴り、外で耳を澄ませていた見送りの私たちは爆笑でした☆

IMG_4237-80114.JPG

そんな「奇跡の人」なお先生・辻 直美先生の島根県での講演会・実践講座が、11/25(金)〜27(日)に開催されます。

参加申し込みメールフォーム

当日は、今年10月、満を期して出版された
「DVDつき
     どんなに泣いている子でも
         3秒で泣き止み、3分で寝る
                             まぁるい抱っこ」
の販売もいたします。
サインもしてもらえますよ♪
IMG_4224-09c7c.JPG
この本のタイトル。
「えっ?そこまで言い切っていいの?」という
インパクトに、目を奪われてしまいますが

実は、深〜い意味が込められていると思うんです!

それは

「泣きやむ」「寝る」

…と、主語が「子ども」であることなんです。

「泣き止んでくれる」
「泣き止ませることができる」
ではなく

「寝てくれる」
「寝かしつける」
でもなく

子どもが、自ら「泣き止み」
自ら「寝る」

そういうタイトルなんです。

自ら泣き止み、自ら寝る、
親は、そのサポートをする。

親が主体ではないんだということ、
子育てはスキルやテクニックよりも
まずはマインドなんだということが
凝縮された本です。

先生から直接、話を聞いて、直接、目の前で見て、帰ってから本や動画で復習する!
というのがおすすめです♪

素手抱っこを極める☆実践講座は、
すでに残席わずかとなっています。

島根での開催は、当分ありませんので、
この機会を逃さないでくださいね。

誰もが「もっと早く知りたかった!」と言われます。
少しでも早く知って、あなたの子育てに生かしてください。
まだ言葉の話せない赤ちゃんの「言いたいことがわかるようになる」講演会です♪

講師プロフィール
正看護師。
一般社団法人育母塾代表。
吹田市民病院(整形外科、内科、産婦人科、救急)に勤務の後、大阪府より任命され2年間、上海での医療提供活動に従事。
帰国後、聖路加国際病院救命救急センターに勤務。当時、地下鉄サリン事件の救急救命にあたる。
その後、国際救命救急災害レスキューナースとして、東日本大震災、御嶽山噴火災害、広島土砂災害、熊本地震などの被災地で救命活動、被災者の心のケアに従事する。
現在では、ベビーの抱き方、親としての在り方、災害時の対応の仕方など、育児に関するさまざまな講演会や講座を全国で開催している他、行政主催の講座、大学の保育科、助産師科、病院、幼稚園、保育所などの研修プログラムを担当している。

posted by せつ at 23:08| 島根 ☀| Comment(0) | 日程のお知らせ | 更新情報をチェックする

申込受付中♪

【出雲市】
6/21(水)さんぴーの出雲
【松江市】
6/28(水)大庭公民館(交流館)

「まぁるい抱っこ&スリングの会」の内容
http://tego2010.seesaa.net/s/article/449064862.html

参加申し込みメールフォーム
http://my.formman.com/form/pc/9JfJNuFQy9r9yq0h/ 

その他お問い合わせ用メールフォーム
http://my.formman.com/form/pc/6PEgT0i30OzaKV5i/