2017年07月23日

出張「まぁるい抱っこ&スリングの会」

まぁるい抱っこ&スリングの会
毎月1回ずつ、松江と出雲で開催していますが、
子育てサークルさんや、個人宅への出張もしています。
(一部、改定しています)

最近は不思議と、鳥取にご縁があります♪

先日、鳥取へ伺った時の様子をブログに書いてくださいました♡
めぐみさん、ありがとうございます!



IMG_5977.JPG

行きに乗った、とっとりライナー♪
すごいインパクトです!
中は、普通でした(笑)
posted by せつ at 13:42| 島根 ☁| 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

開催しました!6月・まぁるい抱っこ&スリング

6月21日(水)
出雲市「さんぴーの出雲」

参加者2名でした。

IMG_5947.JPG

ママは真剣な表情で説明を聞いているところ♪
ベビーたちは、どうやら爆睡中のようですね!

スリングで抱っこすると、数分のうちに寝てしまう子が多いです。
すっぽり包まれ、支えられて、
スカスカ、ブカブカしている隙間がないので、
脱力することができ、リラックスできるからなのです。

逆に、スカスカ、ブカブカ、隙間があると、
「力を抜いたら自分の身体が倒れちゃう!落ちるかも!」
と感じてしまいます。
自分を守ろうと、本能が働き、身体に力が入ります。

立って抱っこされている赤ちゃんは、
自分の身長の3倍の高さに居ます。
大人の場合なら、自分の身長の3倍の高さって、どのあたりになるでしょう?

その高さで、ユサユサされたり、背中をバンバン叩かれたりして
「まだ寝ないのか~」と思われているわけです。

また、姿勢がいいかんじに決まらないと、いい眠りは得られません。
大人でも、ありませんか?
なんか、寝姿勢がしっくりこなくて、
ゴロゴロ何度も寝返りを打って寝付けない夜…。

スリングでは、
子どもにとって理想的な姿勢をつくり、
その姿勢のまま包み込んでフィットさせています。

IMG_5846.JPG
子どもにとって負担のない、理想の姿勢
=「も」の字のカーブを描いた「まぁるい抱っこ」

これを自分の腕の代わりに布にしてもらう!

それがスリングなんです。

「まぁるい抱っこ」については、
ぜひこの本を!!

IMG_5613.JPG
1家に1冊♪ 必読の書です。

IMG_5844.JPG

座布団の上に降ろしても、この通り!
そのままスヤスヤ…。

「まだ寝ないの?」「いいかげんにしてよ」
というイライラ抱っこではなく
心から子どもの寝顔を可愛いと思えて
「もっと抱っこしていたい」と思える…

それがスリングの魅力なんです♡

仕方なく抱っこしてるのか、
愛しい気持ちで抱っこしているのか、
それは「抱かれている側」には伝わってしまいます(>_<)

感じたことありませんか?
彼氏とデートしている時、彼が何か他のこと考えてたら、なんとなくわかりませんでしたか?

赤ちゃんは、相手のご機嫌次第で自分の命がかかっているので、もっと敏感なんですよね。



6月28日(水)
松江市「大庭公民館」

参加者3名でした。

IMG_5913.JPG

お久しぶりのリピーターさん。
下のお子さんが生まれ、復習しに来てくださいました♪

手順は、かなりうろ覚え…(笑)
手順は、まあ自己流でも可能なんですが、
抱っこ完成!までに、無駄な動作や、NGな動作が、かなりの確率で含まれてしまいます。

当会でシェアしている「辻 直美」先生のスリングメソッドは
動作のひとつひとつに根拠があります。

「この動作は何のためにしているのか」
「なぜ、手を当てる場所ははココでなくてはいけないのか」
「なぜ、テールを引く方向はコッチなのか」
などなど
全部、理由がちゃんとあって、そうなっています。

なので、違うことをすると、仕上がりもイマイチになってしまいます。

ということで、基本に戻って手順をおさらい!
しっかり練習しましたよ~☆

ほとんどの方がやっちゃっているNG動作、NG手順は、以下のようなものが代表的です。
  1. 肩パッドの当て方(位置、角度)
  2. リングの位置
  3. テールの引く方向
  4. テールの持ち方
  5. お子さんの支え方、支える場所
  6. ご自分の姿勢
先日の鳥取での「辻 直美」先生の講座を
代表・岡野が受講してきましたので
そこで習ったワークも取り入れてみました。

側から見ていると、「同じじゃないの?」と見えることも
実際に体感すると「全然違う!!」「こんなに違うの?」とビックリしますよ!
「だからこれはNGなんだ!」と納得できる驚きのワークです。
これは今後毎回やっていきます♪

IMG_5918.JPG

こちらも、何度も来てくれているリピーターさんです。
何をしている動作か、わかるかな?
これも大事な手順のひとつです。

あっ、ママの足の開脚はスリングの手順とは別ですよ!(笑)
お子さんを、足の間で遊ばせながら、
ママここにいるよと伝えながら準備をされていますね♡
お子さんも、自由に遊んでいるようで、背中はなんとなくママに触れていて、ママの存在を感じているようです。
こういうことも大切ですよね(^^)

IMG_5923.JPG

何度も練習した成果を、記念撮影!
幼稚園から帰ってきたお兄ちゃんお姉ちゃんも一緒です。

IMG_5928.JPG

こちらは、はるばる隠岐から来てくれた昌ちゃんです!
8月5日、隠岐・海士町での
「辻 直美先生」まぁるい抱っこ講座の主催者さんです。
残席わずか!
急いでお申し込みを~♪
出雲、松江では、今年度は、なお先生の招致は企画がありません。

みんなで練習する基礎の会、練習会、交流会(なお先生はおられません)は、引き続き毎月開催いたします。

次回は
7月19日(水)松江市「大庭公民館」
7月26日(水)出雲市「さんぴーの出雲」です。

「まぁるい抱っこ&スリングの会」の内容

参加申し込みメールフォーム

その他お問い合わせ用メールフォーム

posted by せつ at 11:42| 島根 ☁| 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

開催しました♪5月・まぁるい抱っこ&スリングの会

5/24(水)
松江市「大庭公民館」

本館ではなく、離れの「交流館」を利用することが多いです。
とても広々として、気持ちがよく、
離れなので、子どもが泣いたり騒いだりしても、気兼ねがなくて、良いです♡

この日の参加者は5名でした。
「基礎の会」は、たいてい、初参加の人が大半なのですが
この日は、5名中3名が
上のお子さんでスリングを使っていて、
次の子が生まれたので、復習したいですというリピーターさんでした。

IMG_5801.JPG

1人ずつ、説明しながら、手伝いながら、スリングで抱っこしていきます。

IMG_5802.JPG

他の人たちは、その様子を見ることで
自分の時も含めて、参加者の人数分、
くりかえし説明を聞き、実演を見ることができます。

一巡したら、あとの時間は自分で実践です♪


IMG_5820.JPG

「うまくできたかな?」
必ず、鏡で確認してもらいます。

スタッフも一緒に見て、「ここが、こうなっているから、こう直したらいいよ」
などとお手伝いします。

IMG_5762.JPG

「基礎の会」では、実践練習の時間は、あまり残っていないので
マスターして帰る・・・・までは到達できないです。
まぁるい抱っことスリングについて、基本的な考え方と手順を知ること、
「こんなかんじなんだ!」という体感を、自身の身体に刻んでいただくための会
として構成されています。

IMG_5755.JPG

午後の練習会には、1名の参加がありました。

午後は、特に上のお子さんのお迎え時間などがあると、参加しにくいのかもしれませんね。

午前に「練習会」ができるよう、検討中です。

IMG_5763.JPG

3月に出産したスタッフも、練習♪
幼稚園から帰ってきたお姉ちゃんも一緒です。
これは、遊び疲れてゴロン…の様子(笑)



5/28(日)
出雲市「さんぴーの出雲」

参加者3名でした。
お子さんの月齢は2ヶ月、6ヶ月、2歳3ヶ月。

スリング抱っこの前に、ふだんの素手抱っこを見させていただくのですが、
この日は月齢に幅があったので、横抱き、縦抱き、大きい子の縦抱きと、
自然にバリエーションがあり、参加された皆さんも参考になったのではないでしょうか?

IMG_5823.JPG

1人ずつお手伝いしているところ。
スリング抱っこは、お子さんに手を伸ばす前の、スリングの準備が大切!

特に「カンガルー抱き」は、下準備が8割。
下準備がキッチリできていれば、
あとは失敗する要因はほとんどない、と言っても良いくらいです。

IMG_5811.JPG

抱っこすると、やがて夢の中へ…。
ママの手はお尻に当てられていますが、
手で支えているわけではありません。

「両手離せますよ」と言っても、こんな風に
お尻を触っている方がほとんどですね。
母の本能でしょうか(笑)

力が抜けてフワフワやわらかいお尻は、
触ってて癒されます♪

IMG_5819.JPG

子どもは模倣の天才!
ママの隣で見ていただけなのに、見事に実演して見せてくれました。

これは、実は、手順としては下の写真の次の過程になります。
    ↓ ↓ ↓

IMG_5821.JPG

この2つの過程は、意外と重要なんですよ!
このとおりにできていない方が、とっても多いです。

手順の過程は、すべて理由があります。
なんとなくこうなっているわけではなく、

「こうするから、結果こうなる」
「これをしないと、結果こうなってしまう」

という検証に基づいて、なお先生が作り上げた手順です。

なので、手順が違うと、なんとなく結果がブレてしまい、
修正の手間がかかることになるんです。

手早くササッと抱っこするためには
「手順」が重要☆

うろ覚えかも?という方は、ぜひ復習しに来て下さいね~♪


申込受付中♪

【出雲市】
6/21(水)さんぴーの出雲
【松江市】
6/28(水)大庭公民館(交流館)

「まぁるい抱っこ&スリングの会」の内容

参加申し込みメールフォーム

その他お問い合わせ用メールフォーム

posted by せつ at 13:05| 島根 ☀| 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

開催しました!4月・まぁるい抱っこ&スリングの会

4月19日(水)
松江市「大庭公民館・交流館」
参加者「基礎の会」2名、
午後の「練習会」から1名合流して、計3名でした。
IMG_5535.JPG
IMG_5536.JPG
午前の「基礎の会」から、午後の「練習会」まで、
続けて参加してくださいました♡
「基礎の会」では、「スリングの使い方」のようなテクニック的なこと以前に、知識や、考え方として知っておいてほしいことを
説明するための時間が、けっこうあるので
自分自身で練習する時間があまり取れないです。
・・・ということは、帰宅後、結局
「あれれ?わからない・・・・」となってしまうので
できれば、続けて参加されるのがおすすめです。
IMG_5539.JPG
こんなふうに、スタッフがお手伝いしながら
練習を繰り返して、カラダで覚えていきます。
松江スタッフ「よこちゃん」は、4児の母♪
この日は、新学期が始まったばかりで、
新・年少さんを11:30に迎えに行き、
新・1年生さんを13:30に迎えに行き、
更にお姉ちゃんを15時過ぎに迎えに行きと、
出たり入ったり、大忙しの中、
参加者さんのフォローも頑張りました!
IMG_5538.JPG
できた~!と思ったら、鏡を見て確認です。
おかしいところがあれば、さらに微調整します。
この「ここがおかしい?」と自分で気付けるようになる!のが大事です。
できる、できない以前に、
まず客観的に、これはNGなのかOKなのか、判断できなかったら、進歩のしようがありませんね。
お家に帰ってからやってみて、「あの時と、全然違う」「再現できない」と思っても、
「違い」がわかったこと…それは大きな前進なのですね〜♪
IMG_5537.JPG
スリング抱っこで寝てしまった赤ちゃん。
座布団に着地させても、爆睡でした~♪
午後から合流された、ちょっと先輩のスリングユーザーさんは
カンガルー抱きの復習と、寄り添い抱きもやりたい
(上のお姉ちゃんではやってたが、今回のベビーではまだしたことない)
という希望でした。(写真は撮り忘れました…)
また、
抱っこの位置が下がる。ゆるんでくる。バブリングが苦手。
というお悩みがありました。
抱っこの位置や、リングの位置が下がる。
というお悩みは非常に多いです。
下がる原因は、
  • 下準備の後、さあ抱くぞ~~の前の最終リング位置チェックが抜けてる、
  • 肩パッドの当て方(角度)、
  • テールを引く方向、
  • 内側レールの背中側の布の巻く位置、
などでした。
「練習会」では、
それぞれ「今日はコレをできるようになりたい!」の内容や
熟練度が違うため
他の参加者さんの練習の様子を見ることも
とっても勉強になるんですよ☆
皆さん、抱いては降ろし、抱いては降ろし・・・・
合間に授乳などもしながら、
熱心に練習されました。

4月23日(日)
出雲市「さんぴーの出雲」
参加者「基礎の会」3名、「練習会」1名でした。
まずは素手抱っこの練習を。
IMG_5576.JPG
2歳ちゃんの横抱き。ママのお腹には、来月生まれる赤ちゃんが♪
「まぁるい抱っこ」の横抱きは
  • 後頭部を寄りかからせる場所 = 二の腕
  • お尻を受けとめる場所 = 二の腕
なんと! どっちも二の腕なのですよ~☆
皆さんの抱っこは、どうですか?
お子さんの後頭部、お尻、あなたの腕のどこに当たっていますか?
IMG_5617.JPG
一通り、いろんな説明をした後は、
ひとりずつ手伝いながら、カンガルー抱きをしていきます。
他の参加者さんは、その様子を見ることで
人数分、手順の説明と実演を見ることができます。
あとは、時間の許す限り、自分で反復練習♪
IMG_5577.JPG
パパが黙々と練習している隣では、
ママとお姉ちゃんが早めのお昼ご飯です(笑)
IMG_5578.JPG
ちょっと前まで、泣いていたのですが、
寝てしまいました。
お手手が可愛いですね♡
IMG_5579.JPG
特に日曜日は、上のお子さんを同伴される方が多いです。
スタッフも、子どもを連れて来ています。
この日は2歳児が多かったです。
一緒に遊んでいるような? ただ横にいるだけのような?
2歳児同士の交流風景です。
IMG_5581.JPG
練習のかいあって、バッチリのカンガルー抱きです♪
赤ちゃんは1ヶ月。
ご夫婦での参加は、帰ってから2人で色々確認できるし
マスターしやすいと思います。
以下の点に気をつけて、お家でも練習してくださいね。
  • リングの位置
  • 肩パッドの角度、
  • バブリングは、リングの金属が見えないくらい、広げること。
  • リングにはさまってるギャザーの流れが、テールの先まで放射状になっているか?
  • カンガルー抱きで、ベビーを抱き上げる時には、脇を持って。
  • テールを引く前にベビーの姿勢を再確認(これを飛ばす人が多い)
うまくいかなーい!
と思ってもあきらめないで☆
何度も繰り返し練習して、また復習しに来てくださいね。
自分で悪戦苦闘してから改めて説明を聞くと、スッと理解ができますよ。
予習、復習の効果ってやつですね(笑)
次回は、5月24日(水)松江市・大庭公民館
5月28日(日)出雲市・さんぴーの出雲
となっています。
参加申し込み用メールフォーム
その他お問い合わせ用メールフォーム
posted by せつ at 12:38| 島根 ☔| 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

開催しました!3月・まぁるい抱っこ&スリングの会

出雲と松江で、毎月「まぁるい抱っこ&スリングの会」を行なっています♪

3/8(水)
出雲市「さんぴーの出雲」

午前の部「基礎の会」参加者2名、
午後の部「練習会・交流会」参加者2名でした。

「基礎の会」では、まずは素手抱っこを練習。
それからスリング抱っこを体験して、
いよいよスリングの扱い方、カンガルー抱きの仕方・・・
説明し、実演し、実際にスリング抱っこをしていきます。

抱っこの時、お子さんがどういう姿勢になっていなければいけないか?
のポイントもお伝えします。

その間、まず間違いなく授乳やオムツ換えが発生しますので
それは随時、してもらっています。

IMG_5111.JPG

IMG_5112.JPG
つられ泣きしちゃった(笑)

午後の「練習会・交流会」では、
「基礎の会」から引き続き参加される方の他、
それぞれの「これがやりたい!」や、「ここがわからない!」を抱えて
様々な習熟度の方が参加されます。

「なぜこうなるの?なぜうまくいかないの?」を
一緒に考えて、一緒に練習しています。

また、「基礎の会」では、カンガルー抱きのみですが、
「練習会」では、対面の抱っこ
「寄り添い抱き」や「ピーナツ抱き」
「おんぶ」などもやりますよ☆

この日の参加者さんのお悩みは、
寄り添い抱きの内側レールが、時間が経つと下がって来る、
とのことでした。

  • 背中の布が下がると、前側も下がる。
    下準備の段階で、背中側も意識してセットしているか?

  • 内側レールを、山型に引き上げてしまっていないか?

などを確認して、やってみました。

また、大きくなったお子さんを、肩に担がずに、
立たせたままの状態から、スリング抱っこする方法が知りたい
ということで、これもやってみました。

「え~?どういう意味?」「どうやるの?」と思った方♪
ぜひご参加くださいね~♪

合間にはいろいろ雑談も。
「おむつなし育児」の話などで、とても盛り上がりましたよ~。

IMG_5114.JPG

IMG_5135.JPG

県外在住の方ですが、
里帰りに合わせて、何度も来てくださっています☆
ありがとうございます。



3/12(日)
松江市「いきいきプラザ島根」

参加者は、午前の部「基礎の会」3名
午後の部「練習会・交流会」2名 でした。

IMG_5158.JPG

3人とも、スリングは持っておられず、まったくの初めてだったのですが、
スリングの密着感と快適さに、すごく感激しておられました☆

どうしても、「むずかしそう」というイメージがある、スリング。
確かに、ワンタッチでポン!できあがり~とはいかず
手間もかかります。

でも、その手間をかけた分の結果は、得られると思います。
とにかく「全然違う~!」(ほぼ全員の方が言われる言葉)のです(笑)

ぜひ体験しに来てくださいね。

IMG_5157.JPG

午後は、県外から里帰り中のお2人♪
なお先生のスリング講座も受講しておられ、
かなりのヘビーユーザーさんでした。

スリングのお悩みは、
時間がたつと下がってくる。ゆるむ。
なんか、しっくりこない。テールがうまく引けない。
ということでした。

  • 肩パッドの角度と当て方はどうか?
  • リングの位置、内側レールの巻きつけ方はどうか?
  • バブリングの時、リングに被ってる部分だけでなく、
     その先の、テール部分まで放射状にできているか?
  • テールの持ち方は?
  • 抱っこの手順の再確認(飛ばしているプロセスはないか?)

などを確認し、一緒に練習していきました。

一緒にやっていくと、
「ああ~。それ、なお先生にも言われました」など、
記憶がよみがえってこられたり、
「やってるつもりだったけど、できてなかった」とわかったり。

独りで練習しているのとは違う、気付きがたくさんありました。

マニアックなスリング話もしたりして
とても楽しい時間となりましたよ~♪


IMG_5159.JPG

ママが練習している間、
お姉ちゃんも、ミニーちゃんをスリング抱っこです♡
可愛い~♪
また来てね!!

次回は、
松江市・4月19日(水) 大庭公民館
出雲市・4月23日(日) さんぴーの出雲

お申し込みお待ちしています。

体験会・交流会の詳細 

参加申し込みメールフォーム 

その他お問い合わせ用メールフォーム
posted by せつ at 14:25| 島根 ☁| Comment(0) | 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

申込受付中♪

【出雲市】
12/13(水)「さんぴーの出雲」
1/31(水)「さんぴーの出雲」

【松江市】
12/3(日)「いきいきプラザ島根」
1/24(水)「いきいきプラザ島根」

「まぁるい抱っこ&スリングの会」の内容
http://tego2010.seesaa.net/s/article/449064862.html

参加申し込みメールフォーム
http://my.formman.com/form/pc/9JfJNuFQy9r9yq0h/ 

その他お問い合わせ用メールフォーム
http://my.formman.com/form/pc/6PEgT0i30OzaKV5i/