2016年12月25日

なお先生の「まぁるい抱っこ講演会」参加者さんの感想 その2

11月に行われた、島根での講演会の感想です。


※写真はランダムに配置していますので、
掲載した感想文と、お写真の人物は対応しておりません。

IMG_4552.JPG

2歳半になる娘と一緒に参加させていただきましたが、
午前中の先生のお話、本当にその通りだなーと納得する反面、
自分は今まで娘にどうだったのかなーと考えるとてもよいきっかけになりました。
ママではなく、マザーになれるように、
これから娘と、そして今お腹に来てくれている子と、
しっかり向き合っていかなきゃなーと改めて思いました。
ママとマザーの違い、一番始めから自分にはがつんときました。

知っている、やっている、向き合っている、全部つもりになっていたなーと
帰って娘の寝顔を見ながら号泣しました。
午前中だっこの体験をさせていただいただけで、自然と涙が溢れて、娘がとても愛おしくなりました。
抱っこすることが、その後の発育に大きく関わっていくなんて知りませんでした。

抱っこはまだまだあのときのような感触にはなかなかなりませんが、
DVDを見ながら、また岡野さんが開催してくださっている練習会にも機会を見つけて、
参加させていただきながら、練習していきたいと思っています。

娘の時に知っていたらと思うところはありますが、
今が知るタイミングだったんだと思いつつ、
また春からは順調に行けば2人目育児もスタートするので、授乳やスリングについてもまた学びたいなと思っています。


IMG_4377-836b9.JPG

今年の秋に妊娠してからずっと痛かった腰。
娘の時にはこんなに早くからなかったのになーと思いつつ、
妊娠したからだと諦めてましたが、さらしの威力に驚きました。
前から自分の姿勢が悪いのは知っていましたが、これも「つもり」で、
姿勢にも前よりも気をつけるようになりました。
まださらしを買いに行けてないですが、毎日つけてみようかと思っています。
あの、さらしを巻いた感覚が忘れられません。

IMG_4404.JPG


こどもがぐずっていて、全部はしっかり聞けなかったことが少し心残りではありますが、
子どもへの向き合い方というか、自分のマインドの部分は反省することばかりで、
先生の言葉が心にグサッと 突き刺ささりました。
素手抱っこは、もう本当に見よう見まねでやっていた自己流の抱っことは全く別もので、
先生に手直しして頂いた後は抱っこする幸せを心から感じました。

なかなかまだ同じ抱っこが再現できず苦戦していますが、
これから子どもの心地いいを、日々探していきたいと思います。

正直参加するまではお金を出してまで得るものがあるのか半信半疑な部分もありましたが、
本やDVD、ブログでは味わえない体験をさせて頂きました。

生の先生の言葉の重み、表情の真剣さ、根拠のしっかりとした説明、
どれも心に残るものばかりでした。
もっといろんな人に知ってほしい、何度でも参加させて頂きたい講座だと思いました。


IMG_4399.JPG

聞いてはいましたが、本当にすごい先生でした。
講演会、講座と二日間お世話になりました。ブログを読んで涙したこともありましたが、
それ以上に生でお会いできて、先生の真剣な表情、言葉が心に突き刺さり忘れられません。
ダメなところをきちんとダメだと言ってもらえたこと、嬉しかったです。

日頃子どもたちにちょっとしたことで怒りがちだったのですが、
先生のお話を聞いてからは、イライラしそうになったとき
「子どもの立場になって考えたらどうだろう」ということが頭をよぎり、
少し落ち着いて声をかけられるようになりました。
先生がどこかで見ている気がするほどです。
これが一時的なものにならないよう、これから子どもに対し人としてもっと本気で向き合い、
必要な時に叱れる母になりたいと思いました。

IMG_4667.JPG

その3に続きます。

posted by せつ at 16:50| 島根 ☀| Comment(0) | 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

なお先生の「まぁるい抱っこ講演会」参加者さんの感想

11月に行われた、
島根での「まぁるい抱っこ講演会」と「素手抱っこ実践講座」
早くも1ヶ月が過ぎてしまいました。

遅くなりましたが、当日参加された方の感想を、
抜粋して掲載します。

なお、写真はランダムに配置しており
感想も、無記名で頂戴していますので
感想を書かれた方の写真 というわけではありません。

IMG_4674.JPG

  • 話もわかりやすく、聞きやすかったと思います。
    まぁるい抱っこの意味も理解でき、この先の育児につながりました。
  • わが子は今2歳で、大変な時もありますが、これからもっと相手のことを考えていきたい。
    ためになりました。
  • 子どもにオモチャを貸してもらいありがとうございました。
    もっと走り回ると思っていましたが、遊ばせてもらって喜んでおり、時間もよかった。
    良い講座でした。
  • 参加を迷いましたが、参考になりました。
    本も読ませていただきましたが、実際に抱っこの仕方を教わり感激です。育む生活、したいです。

IMG_4671.JPG


  • 今、頭がいっぱいですが、実践したいです。赤ちゃんに対する気持ちが改めて心に響きました。
  • 仕事(保育)では、子どもの気持ちを大切に子どもと向き合っている自信があり、
    お話を聞いて、できているなと思え、よかったです。
    共感できる思いが多く、私もいろんなお母さんの小さな助けがしていきたいという思いが強くなりました。


IMG_4658.JPG


  • 母として、わが子に全くマインドを持っていないことに、改めてその自分に向き合い、涙が出そうでした。今からでも少しずつやっていきます。そして体幹も鍛えねば…。

  • きょうだいがいると…など、子どものせいにしている部分もありました。
    でも子どもを「はぐくむ」っていうことを意識せず、自分(母)主体で何もかもしていたことにショックを受けました。
    こんな母だったらイヤだと気付かせていただきました。
    子どもの気持ちを優先に、子どもがどう感じているのかを考えて、これから子どもとつきあっていきたいです。
    受講できてよかったです。たくさん学ぶことがありました。


IMG_4673.JPG


  • 心の持ち方から、身体の使い方まで、幅広く教えていただき、満腹です。
    先生の全力で伝えようとしている姿が印象的で、赤ちゃんと会話している先生、素敵だなあと思いました。

  • 先生のお話を聞いて、母親としての覚悟をもう一度考えさせられました。


    妊娠した頃の気持ちを思い出せて、いい機会になりました。
    抱っこの仕方を一から教えていただき、うれしかったです。明日は筋肉痛になりそうです。こんな地方まで来ていただきありがとうございました。友だちにもすすめます。


IMG_4351.JPG

  • 自分の子育てを見直す良い機会になりました。
    母のぬくもりを伝えさえすれば、心地良い抱っこなのだと思い込んでいました。
    人として当然、気持ちいい抱き方があるはずですよね。反省です。自分の体力のなさも痛感しました。
    ここからスタートという先生の言葉を信じて、始めてみようと思います。

  • 先生の人柄は、私以上に息子がしっかり受けとめてくれていました。先生に出会わせてもらって、息子に感謝です!

  • 意識しているつもりでも、実際に先生に教えていただくと、自分の抱っこは赤ちゃんにとって心地良いものではなかったのではないか、と改めて考えさせえられました。
    今回思い切って1日参加してよかったです。なお先生の育母塾の話を聞ける時間にもっと早く参加できればよかったと思います。


IMG_4407.JPG

  • 助産師で参加しました。赤ちゃんを産んでも抱っこのできないお母さんが多いので、産前教育で必要かと思って、勉強しようと思いましたが、まずは自分の抱っこのできていなさに、練習の必要を感じました。

    今日は、目からウロコの話や。感覚を体で実感できたので、忘れず、練習して、多くのお母さんたちに伝えていきたいです。
    そしてたくさんの赤ちゃんが安心して安全に抱っこされ、幸せな顔をしてくれるといいなと思います。
    実践して、見て、感じて、多くの学びができました。

  • 先生のお話は何回聞いても心に響きます。次回、島根での講座は1年以上先というのが寂しいですが、行けそうな他県の講座に行きたいです。今日もマザーになるためのお話をありがとうございました。


IMG_4363.JPG

  • 時間が2時間、ちょうどよかったです。子どもがぐずった時にスタッフの方に遊んでもらい、助かりました。

  • 知っていると知らないとでは大違いなことがわかり、とても勉強になりました。
    子どもが乳児の時しか抱っこの勉強は必要ないと思っていましたが、大きくなっても大切だと実感しました。

    山陰まで来て下さりありがとうございました。
    以前、講座に初めて来たときは、正直、先生の言葉は厳しいと感じましたが、
    今では、親である覚悟を持って育んでいきたいと決意しました。


IMG_4444.JPG

  • 「ごめんね」ではなく「ありがとう」とう言葉は、思っていても意識して行かないと難しいことだと感じました。
    これから大切にしていきたいです。

  • 普段、中学生の発達障害のある子どもたちと関わっています。
    行きついたところは身体でした。体幹…と言っていましたが、もっと前の「抱っこ」の世界だったんですね。
    私の周りの赤ちゃん子育て世代に伝えていきます。

  • 会場では子どもたちのにぎやかな声、気にはなりましたが、たまには良いと思いました。

    赤ちゃんに接するにあたり、様々な学びがありました。
    抱っこ体験、見ていても、抱っこされる側の力が抜けるのがわかりました。とても良かったです。
    パワフルな先生から元気をいただきました。


IMG_4591.JPG

  • 3秒で泣き止んで3分で寝る」の文字を見て、少し疑っていました。
    実際に抱っこしている写真を見せてもらい、とても赤ちゃんが落ち着いていて、本当なんだと驚きました。

  • 保育士として保育園で働いています。M字開脚、まぁるい抱っこをぜひ実践していきたいと思いました。
    そして保護者さんや他の保育士にも伝えていけたらと思います。

  • 子どもの気持ちを丸く受けとめることから、したいと思った。
    保育中は、より「業務」の抱っこになっていたと思う。
    どうして泣きやまないのか、抱っこの仕方を見直し、無駄な揺らしを止めようと思いました。
    まずは実践してみようと思います。


IMG_4438-5cfd1.JPG

  • 「育む」「育てる」の違い、心に残りました。
    仕事と子育て、時間に追われ、着せて、食べさせるしかできてないと思っていましたが、
    最近、夕方に子どもを抱っこする時間を作っています。というより1日はなれていたので抱っこしたくなります。
    5歳でも11歳でも愛しいと感じます。
    赤ちゃんのいるお母さんと接することが多いので、今日のお話を伝えたいと思います。

  • 育母道は一生続く道、自分の子育てばかりでなく、自分を育ててくれた両親にもいまだ見守られていることを改めて気付かされました。
    まだまだ母の道はこれからですが、子どもたちの人格を認めながら育んでいきたいです。


IMG_4691.JPG

  • やっているつもり、が浮き彫りになりました。もっともっと子どもの気持ちを考えて、母としてしっかり生きていきたいです。

    きびしく、あたたかく指導していただきありがとうございます。この年になるとビシッと言ってもらえることがなくて心にグサリとささりましたが、うれしかったです。スッキリしました。

  • はじめは「受講料が…」などと考えていましたが、先生の話を聞いて、普段の子どもとの接し方を振り返る機会となりました。

    本当に自分のエゴで自分中心で毎日生活していて、今から子どもを一番に考えようと思います。せっかく授かった命をもっと大切に育みたいと思います。
    子どもたちの今を大切に、大事にできる自分になります。

  • 娘がもっと小さい時に出会えたら良かった!と思いました。松江で子育て関連の教室をしているので、生徒さんに伝えたいと思います。とてもきびしく温かい人柄が伝わってきました。

  • 床に座って聞けるのはよかった。子どものおもちゃや、遊び場があったのはよかった。



IMG_4564.JPG

  • ベビーを人として見る、わかってるようで、全くわかっていなかった。できていなかったと痛感しました。

    まぁるい抱っこの仕方を教えてもらうつもりで来たのに、それ以前にもっと大切なことを教えてもらうことができました。
    自分がされてどうか、相手の気持ち、立場にたって考える、日々の子育てで子どもに言っているのに、できていない自分に反省。でもまっいっかで、自分を責めず子どもにも強要しないことにします。

  • 先生ってコメンテーターの室井佑月さんに似てますね(笑)

  • 出産前に今日の話を聞けてよかったです。1人の人として向き合う意味をしっかり考えたいと思います。
    次は実際に子育てしながら聞いてみたいです。ぜひまた島根に来て下さい。
    相手の立場に立って考えることを大切にしたいと思います。


感想 その2に続きます。

参加された方は、読みながら「うんうん」と、共感できる部分が
たくさんあったのではないでしょうか?

また、参加していない方は、
「ん?この言葉は、どういう意味?」と、
わからない部分もあるかも・・・。

ぜひ、各地で開催している、先生の講演会に出かけてみてくださいね。

また、当会の「まぁるい抱っこ&スリングの会」でも、
先生から学んだことをシェアしていますよ~♪

posted by せつ at 16:09| 島根 ☀| Comment(0) | 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

まぁるい抱っこの本、今井書店にあります!

出雲市、農道沿いの「今井書店」さんに
まぁるい抱っこの本、置いてありますよ!
全国的に売り切れ続出で品薄の中、
とても苦労して取り寄せてくださいました♡

IMG_4709.JPG

IMG_4710.JPG

なお先生のブログにも今井書店さん登場!

薄手の本ですが、
先生の講座のエッセンスが、ギュッとつまった良書です!
しかもDVDつき☆
すべての悩めるママたちに、おすすめします。

posted by せつ at 23:59| 島根 ☀| Comment(0) | 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

まぁるい抱っこ講演会、実践講座の写真♪その4

11/25〜27島根での
「まぁるい抱っこ」辻 直美先生の
講演会&実践講座の様子を
ちょっとずつアップしていきます!

IMG_4528.JPGIMG_4339.JPG
素手抱っこ実践講座では
お手持ちの抱っこひもの調整もしてくださいました。
みなさん、抱っこひもを、
自分の体型や、お子さんの体格に合わせて、
調整し直して使っていますか?

普段は、ぶらーんとして使っておられる方が多いようで、
先生が直すと、「全然違う!」と驚きの声が。

でも実は、
抱っこひもでは
「まぁるい抱っこ」は難しいんですよね…。

IMG_4660.JPG
向かって右が、
抱っこひもを使った時の赤ちゃんの姿勢
左が、まぁるい抱っこです。

IMG_4438.JPG
ひざの位置に注目!
これ大事なポイントなので、
連発でいきますよー笑

IMG_4386.JPG

IMG_4377.JPG

IMG_4321.JPG

IMG_4324.JPG

実際に、大人も
まぁるい抱っこと、よくある抱っこの違いを
体感してもらいました!

IMG_4692.JPG

IMG_4693.JPG
抱かれている参加者さんの、
身体から力が抜けたのがわかるでしょうか?

私には、身体だけでなく、
心がふわっとゆるんだように見えました。

島根での講座は終わりましたが、
辻 直美先生は、ほぼ毎日、全国で講座を行っています!
ぜひ参加してみてください^_^

#まぁるい抱っこ  #辻直美
posted by せつ at 21:26| 島根 ☀| Comment(0) | 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

まぁるい抱っこ講演会、実践講座の写真♪その3

11/25〜27
島根での「まぁるい抱っこ」辻 直美先生の
講演会、素手抱っこ実践講座、スリング講座の
様子を、写真で紹介していきます!

IMG_4660.JPG
向かって右側が、よくある抱っこ
(エルゴなど抱っこひも使用を含む)
の、子どもの姿勢

向かって左が、
辻 直美先生推奨の「まぁるい抱っこ」
の、子どもの姿勢

これすごくわかりやすいですよね!
股関節が開く、M字開脚
=M字ということはお尻よりヒザが上
にするか、しないかで、
こんなに姿勢全体が、違ってくるんです。

「丸くする」とか「丸める」のではありません。
結果として、丸くなります。

IMG_4683.JPG

ヒザの高さに注目!
彼は、3歳です。
少々疲れが出る時間帯でしたが、
いつもと違う環境でテンションが上がり、
直前まで元気に遊んでいました。
先生に抱っこされると、
この後、ホントに3分後には、爆睡してしまいました♪

IMG_4676-7600a.JPG

IMG_4661-b2696.JPG
posted by せつ at 12:09| 島根 ☀| Comment(0) | 開催後のレポート | 更新情報をチェックする

申込受付中♪

【出雲市】
9/27(水)さんぴーの出雲
10/18(水)   〃    
【松江市】
10/15(日)大庭公民館(交流館)

「まぁるい抱っこ&スリングの会」の内容
http://tego2010.seesaa.net/s/article/449064862.html

参加申し込みメールフォーム
http://my.formman.com/form/pc/9JfJNuFQy9r9yq0h/ 

その他お問い合わせ用メールフォーム
http://my.formman.com/form/pc/6PEgT0i30OzaKV5i/